以前、「知ってて良かった社交ダンスマナー
についてお伝えしました✨
今回はそのダンスマナーの元となっている、
エスコートが大事な理由についてお伝えします!

①レディファーストの精神

これは日本では中々根付いていない文化かもしれません。
海外、特にヨーロッパでは小さい頃から
ダンスをコミュニケーションの手段として学び、

その中で「レディファースト」と言われる男性が女性を
エスコートする事が基本的な習慣となっています。

そう、私たちが部屋が汚れたら掃除をする、歯を磨く、
挨拶をするといった事と同じ上に習慣として
このエスコートをするという精神が根付いているのです。

②グローバルスタンダードとしてのマナー

国際的な交流の場においては
ダンスはできて当然とみなされるマナーの一つ。

では、ただダンスがうまく踊る事ができれば
それで良いのでしょうか?

いえいえ、それどころか
「踊る」事は交流の手段の一つです。

そこに付随するマナーを見られて人を計られる
と言っても過言ではないでしょう。

男性は特に何を見られるかと言えば
キチンと女性をエスコートできているか。

踊りに誘う時も踊り終わった後でも
きちんと席までエスコートしてくれるのか、
といった所作の一つ一つから
人の印象というものは
良い方にも悪い方にも左右されます。
また、女性の方もただ受け身という訳ではなく
エスコートを受け入れる準備や心構えは
できていますか?
見られるのは男性も女性も同じこと。
つまりエスコートを見るということは
その人の「人間」を見るということ。

よってエスコートをする方もされる方も、
習慣としてなされる程に大事なものなのです。

③エスコートはお互いに気持ちが良い

スマートなエスコートに女性は「女性扱いされている」
「大切にされている」と感じます。

また、男性も相手を思いやる気持ちで接すると
自然と相手の気分も良くなり、
自分自身の気分も良くなります。

紳士的な振る舞いをすることによって、
「頼もしそう」「余裕があり男らしい」
という評価も得られるかも知れません。

さりげなくエスコートができる男性は
素敵ですよね。

素敵なエスコートのやり方を学び、
どんどん男を磨いちゃいましょう。

いかがでしたでしょうか?
今回は「スマートなエスコート」
についてお伝えしました!

エスコートについても
まだまだ書ききれない程沢山あります。

マスターしてどこに出ても恥ずかしくない
紳士・淑女を目指しましょう。

それでは、また次回の更新で 🎶


経営・指導 【 須藤将史 】

・・・・・・・・・・・・・・
社交ダンスのレッスン承ります
気軽に見学&体験にいらして下さい

💃皆さんのダンスの為になれば嬉しいです
🕺良かったらシェア頼みます
http://sudodance.com
・・・・・・・・・・・・・・
スドウダンスクリエイション(渋谷RIZE)
150-0041
東京都渋谷区神南1丁目13番4号
井戸ビル2階A号室
・・・・・・・・・・・・・・
#東京の社交ダンス教室
#渋谷の社交ダンス教室
#社交ダンス
#参加者随時募集中
#ダンスのある暮らし
#社交ダンスグループレッスン
#ラテンダンス #デュオダンスサークル

 

 

<PR:渋谷のレンタルスタジオ>