もう数ヶ月もすれば夏がやってきますね!
女性はビキニをかっこよく着こなすためにも、プリッとしたお尻のラインは気になるところですよね。

今日はそんな美しいヒップラインをダンスで作る方法、ズバリ「ダンスで美尻を作るには」をお伝えします。

①美しいヒップとは?

そもそも美しいヒップとはどのようなヒップを指すのでしょう?
美の感覚は人それぞれとはいえ、大きく垂れ下がったヒップや小さく薄すぎるヒップよりはある程度筋肉がありキュッとしまったヒップが美しいといわれるヒップだと思います。
つまり筋力トレーニング同様にお尻も鍛えることで美しいヒップラインを維持&向上させることができます!

②お尻のタイプ

欧米の方のようなボリュームがありつつも引き締まった美しいヒップに憧れる方も少なくないと思います。
ですが、欧米人と日本人は骨格(骨盤)が違うので自分のお尻のタイプを見極めた上でトレーニングをすることが望ましいです。それでは、どのようなタイプにわけられるのでしょうか?

①垂れ尻
②扁平尻
③四角尻
④出っ尻

などの4タイプになります!ちなみに個人的には日本人は④出っ尻の方を多くお見かけするような気がします。

③ダンスでお尻が鍛えられる?

お尻がアンバランスだと思われる方の中には骨盤の位置が歪んでいるという方がいらっしゃいます。
その原因は普段の歩き方や姿勢にあるかもしれません。
姿勢が悪いことで局所的に負担がかかり筋肉のつき方がアンバランスになったり、がに股で歩くなどして普段の運動をアウターの筋肉に頼り過ぎてしまっていたり・・・

その点、ダンスにおいてはまずは正しい立ち方や足の出し方からレクチャーする場合がほとんどです。
特にバレエや社交ダンスなどはわかりやすいのではないでしょうか。
普通の歩き方と踊る時の歩き方は全然違いますよね!

そいういった普段とは違ったダンスでの立ち方・歩行といった行為そのものが正しい骨盤の位置への矯正になります♪

また、ダンスはほぼどのジャンルのダンスも下半身を動かして踊りますよね?
ということはそれだけ下半身の筋肉、そうお尻の筋肉も知らず知らずのうちに使われているのです。
つまりダンスを踊ること自体が美尻トレーニングになっている・・・なんてことが多いです!

特にお尻にある大きな筋肉は大臀筋と呼ばれ、主に脚を出す・引く・開く・閉じる・回す(ツイスト)動作をする役割があります。どれをとってもまさにダンスでは欠かせないアクションですよね♪
同じくダンスはかなりインナーマッスルを使って踊るので、内々の鍛えにくい筋肉である股関節周りの筋肉などが鍛えられます。そういったインナーマッスルが鍛えられることで繋がっている脚・お尻などに作用する様々な筋肉にも影響を及ぼすため、お尻のみならず体全体が引き締まってみえますよ!

ダンスで楽しみながら美しいヒップラインを目指しましょう♪


記事を書いてる人 中村誠 講師

初めて社交ダンスを習う方も大歓迎です!
中村先生のクラスは👇です。
気軽に見学に来てね〜
・社交ダンス初級 水曜昼 渋谷
・スタンダード専科 木曜夜 渋谷
・社交ダンス初級 金曜夜 池袋
・初めての社交ダンス 土曜朝 池袋
・スタンダード基礎 土曜朝 池袋